HOME > 利用案内
利用案内

開館日と時間

休館日
  • 月曜日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、その翌日以降の日のうち休日に当たらない最初の日
  • 1月1日及び12月31日
  •          
  • 12月24日~12月30日、1月2日はメンテナンスのため臨時休館。
  • ※ゴールデンウィーク期間の5月2日の月曜日は開館します。
  • ※夏休み期間の8月15日の月曜日は開館します。
  •          
開館時間
  • 展示室
    4月~9月  9時30分から18時まで
    10月~3月 9時30分から17時まで
  • 展示室以外の施設
    4月~9月  9時から18時まで
    10月~3月 9時から17時まで
  • ミュージアムショップ・カフェ
    10時から17時まで  

利用料金

観覧料

【通常料金】
大 人   210円(160円) 
大学生  150円(120円)
高校生  100円(80円)

※特別展期間中は特別料金となります。お問い合わせ下さい。
※(  )内は20名以上の団体料金
※中学生以下無料
※65歳以上の方は大人料金の半額
※障害者基本法第2条に規定する障害者の方は半額、介護者1名は無料

古代体験

◆毎日できる古代体験◆ 
 場所:体験学習室1
 時間:10:00~12:00(受付は11:30まで)
     13:00~15:30(受付は15:00まで)
  古代体験メニューの内容や利用料金などは下記を参照ください。

古代体験メニュー(PDF)

ユニバーサル情報

当館には身体障害者用トイレ、貸出用車椅子4台、ベビーカー3台を備えております。



アクセス

●広域マップ
広域マップ

●詳細マップ
詳細マップ

>>「Yahoo!地図情報」のサイトから周辺地図を見る

JRをご利用の方

JRで三ノ宮駅から土山駅まで約32分(西明石駅乗換)
JRで姫路駅から土山駅まで約19分(加古川駅乗換)

私鉄をご利用の方

山陽電車で阪神三宮駅から播磨町駅まで約42分(東二見駅乗換)
山陽電車で山陽姫路駅から播磨町駅まで約30分(高砂駅乗換)

駅からのアクセス

JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分
山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分

自動車をご利用の方

第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3㎞
普通自動車は町営駐車場をご利用ください。                            大型バス等の駐車については事前申込必要。学習支援課(TEL.079-437-5564)まで。
博物館南側 
播磨町大中遺跡公園駐車場(普通車専用)
(普通車64台、利用時間9:00~21:00、利用料金1回200円)
博物館東側 
播磨町野添であい公園駐車場(普通車専用)
(普通車50台 利用時間9:00~21:00、利用料金1回普通車200円)

駐車場について

団体利用案内

【予約について】—申込は仮予約から始まります— 
団体で当館のご利用を計画された場合、事前に団体の担当者または旅行手配者の方に、電話での仮予約をお願いしています。
来館日時やご利用内容が決まりましたら、必ず事前に学習支援課までご相談いただき、仮予約をお願いします。
(学習支援課直通電話—079-437-5564  FAX-079-437-5590)
※ご来館前に下記添付の「利用にあたっての注意事項(PDF)」をお読みいただき、誰もが気持よく観覧できるようご協力をお願いします。

【仮予約では、以下の事項をお伺いします】
・団体の名称
・来館の予定日時
・団体の人数と年齢構成
 ※①幼児、②小学生、③中学生、④高校生、⑤大学生、⑥一般(64歳未満)、⑦一般(65歳以上)のそれぞれの人数
 ※未確定の場合は概数で結構ですが、当日の朝までに確定人数をお知らせください。
・来館方法(バス・電車など)-バスの場合は台数
・到着時間と退館時間
・観覧・体験内容の希望について
・昼食時間帯の滞在について
・ご担当のお名前、連絡先(電話番号)

【料金について】
20名以上でのご観覧は下記団体料金が適用されます。
(注1)特別展の期間中は特別料金となります。「もよおし案内」のページを参照ください。

【下見について】
事前指導の準備のために、下見を行うことができます。希望される場合は事前に希望日時と人数をご連絡ください。


  《以下に必要な書類を添付していますので、ご利用ください。》
   


申込の手順
利用申請書・学校用 (PDF)
利用申請書・一般用 (PDF)
利用申請書・団体料金計算用紙(Excel)
利用にあたっての注意事項

また、バスでのご来館を予定されている場合は、別途駐車場をご案内しますので、必ず事前に学習支援課までご連絡ください。
TEL.079-437-5564 FAX.079-437-5590(学習支援課直通)

展示室

展示室

館内にはそれぞれのテーマに分かれてエントランス展示、ガイダンス展示室、テーマ展示室、特別展示室の4つの展示があります。
学芸員や解説ボランティアによる展示解説をご希望の方は予約が必要です。

体験学習室

体験学習室

博物館の西の入り口から入ってすぐのところに、3つの体験学習室があります。古代の技術や知恵、そして遺跡からの出土品をテーマとしたいろいろな体験メニューを用意しており、いつでも体験していただけます。収容人数は最大約60名で、体験メニューだけでなく、小規模な講座もここで開催します。
ここでは、博物館を拠点に活動するボランティアによる体験メニューの開発も行われています。あなたも、参加してみてください。
団体でのご利用を希望される場合は予約が必要です。

講堂

講堂

最大180名が利用できる多目的ホールです。
正面のガラスの向こうには大中遺跡が広がるユニークな構造になっています。学芸員や外部の専門家を招いた考古学の講座や講演会、シンポジウムや研究会が行われます。博物館を団体で利用されるお客様のためのオリエンテーションもここで行います。
そのほか、各種講演会などに利用していただくこともできます。

講堂利用
開館時刻から12時まで     6,200円
13時から閉館時刻まで     8,200円
開館時刻から閉館時刻まで  14,400円

播磨大中古代の村

昭和37(1962)年に3人の中学生によって発見された大中遺跡は、弥生時代の終わりごろに営まれた集落遺跡で、兵庫県を代表する遺跡として認知されています。地元の人々の努力によって消滅の危機を乗り越え、昭和42(1967)年に国の史跡に指定されました。「播磨大中古代の村」として歴史の体験学習の場、憩いの場として活用されてきましたが、考古博物館が建設されるにあたり史跡公園としての魅力をさらに高めるために整備を行いました。復元された竪穴住居跡は5棟となり、古代の人々のくらしが身近に体験できます。
当館では、ご希望により大中遺跡の解説を行っています。

播磨大中古代の村
住所:〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
TEL:079-437-5589

播磨町郷土資料館
住所:〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-2
TEL:079-435-5000
http://www.town.harima.lg.jp/profile_shisetsu_shiryokan
ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン