HOME > ひょうご考古学情報 / 考古学情報バンク / 考古資料集成
考古学情報バンク

播磨地域の古代文字資料(木簡・墨書土器等)

 文字資料は、奈良時代以降、役所を中心に見られるようになり、物からだけではわからない様々な情報を与えてくれる。特に、税制、地方行政など、制度にかかわる資料は、国と地方の関係などを明らかにしてくれる。また、まじないとして書かれた文字も、習俗の伝播を考える上で、重要である。

No. 遺跡名 所在地 中心となる
遺跡の時期
遺跡の種別 文字資料 調査機関 文献名
1 長尾・沖田遺跡 佐用郡佐用町佐用~長尾字沖田 奈良 官衙か 木簡3点、墨書土器5点 兵庫県教育委員会 大平 茂ほか 1991『長尾・沖田遺跡(1)』兵庫県教育委員会
2 有年原・田中遺跡 赤穂市有年原字田中 弥生 集落跡 墨書土器1点 兵庫県教育委員会 平田博幸・西口圭介 1991『有年原・田中遺跡発掘調査報告』兵庫県教育委員会
3 新宮宮内遺跡 揖保郡新宮町宮内 弥生 集落跡 墨書土器2点 新宮町教育委員会 松本正信・加藤史郎ほか 1991 『香山 2ー縄文遺跡の発掘調査ー』新宮町文化財発掘調査報告14
4 小犬丸遺跡 龍野市揖西町小犬丸 奈良・平安 駅家跡 木簡3点、墨書土器39点、箆描き土器1点 兵庫県教育委員会 山下史朗・山上雅弘ほか 1989『小犬丸遺跡2』兵庫県教育委員会 
5 小神芦原遺跡 龍野市揖西町小神 奈良・平安 集落跡 墨書土器2点 龍野市教育委員会 岸本道昭 1993『小神芦原遺跡』龍野市教育委員会
6 大陣原古窯跡群3号窯 龍野市揖西町土師字大陣原 平安 窯跡 箆描き文字瓦7点 兵庫県教育委員会 吉田 昇・種定淳介・池田征弘 1995『大陣原古窯跡群』兵庫県教育委員会
7 亀田遺跡 揖保郡太子町上太田字亀田 弥生 集落跡 墨書土器2点 兵庫県教育委員会 高木芳文ほか 2000『亀田遺跡(第1分冊)-亀田遺跡Ⅱ地点の調査-』兵庫県教育委員会
8 亀田遺跡 揖保郡太子町上太田字亀田 弥生 集落跡 墨書土器1点 兵庫県教育委員会 深江英憲ほか 2000『亀田遺跡(第2分冊)-亀田遺跡Ⅰ地点の調査-』兵庫県教育委員会
9 丁・柳ヶ瀬遺跡 姫路市勝原区丁 弥生 集落跡 墨書土器32点、朱書土器1点、箆描き土器1点、刻印土器1点 兵庫県教育委員会 岡崎正雄・深井明比古ほか 1985『丁・柳ケ瀬遺跡発掘調査報告書』兵庫県教育委員会
10 蒲田・山本廃寺 姫路市広畑区西蒲田字山本 奈良・平安 寺院か 箆描き?1点 姫路市教育委員会 山本博利・秋枝 芳 1987「蒲田・山本廃寺」『兵庫県埋蔵文化財文化財調査年報 昭和59年度』 兵庫県教育委員会
11 辻井遺跡 姫路市辻井東藤ノ木 奈良 寺院・官衙遺跡 墨書土器多数、木簡、箆描き文字瓦 姫路市教育委員会 ・水口富夫 1994「古代美作道の遺跡」『歴史の道調査報告第4集 美作道』 兵庫県教育委員会
・姫路市教育委員会 1999『TSUBOHORI 平成9年度(1997)姫路市埋蔵文化財調査略報』
12 今宿丁田遺跡 姫路市今宿字丁田、字鯖ノ井 弥生 集落跡 木簡1点 姫路市教育委員会 ・水口富夫 1994「古代美作道の遺跡」『歴史の道調査報告第4集 美作道』 兵庫県教育委員会
・姫路市教育委員会 1999『TSUBOHORI 平成9年度(1997)姫路市埋蔵文化財調査略報』
13 平野廃寺 姫路市 奈良 寺院 刻印文字瓦 - 今里幾次 1982 「姫路市砥堀瓦窯の文字瓦」『兵庫考古』第17号 兵庫考古研究会
14 豆腐町遺跡 姫路市豆腐町 奈良 国府関連施設か 墨書土器多数 兵庫県教育委員会 兵庫県教育委員会 1999『平成10年度 年報』
15 砥堀瓦窯 姫路市砥堀字孫兵衛林 奈良 窯跡 箆描き文字瓦 - ・島田 清 1936「姫路地方発見の文字瓦に就いて」『史迹と美術』第72号 史迹同巧会
・今里幾次 1982 「姫路市砥堀瓦窯の文字瓦」『兵庫考古』第17号 兵庫考古研究会
16 前東代遺跡 姫路市御国野町深志野 平安 集落跡 木簡6点、墨書土器1点 兵庫県教育委員会 西口和彦・水口富夫 1985『前東代遺跡 -播但有料自動車道建設にかかる埋蔵文化財調査報告書(3)-』 兵庫県教育委員会
17 上原田遺跡 姫路市花田町上原田 奈良 官衙か 墨書土器33点(記号含む)、箆描き土器1点 兵庫県教育委員会 西口和彦・水口富夫ほか 1980「上原田遺跡調査概報」『播但連絡有料自動車道建設にかかる埋蔵文化財調査報告書 2』 兵庫県教育委員会
18 播磨国分尼寺跡 姫路市御国野町国分寺字毘沙門 奈良 寺院 箆描き文字瓦 姫路市教育委員会、兵庫県教育委員会 ・今里幾次 1993「播磨国分尼寺の古瓦」『播磨国分尼寺跡 -遺跡発掘事前総合調査概要報告-』姫路市教育委員会
・深江英憲ほか 2003『播磨国分尼寺跡-(主)神戸加古川姫路線(姫路市国分寺工区)道路改良工事に伴う発掘調査報告書-』兵庫県教育委員会
19 播磨国分寺跡 姫路市御国野町国分寺 奈良 寺院 箆描き文字瓦 姫路市教育委員会 今里幾次 1993「播磨国分尼寺の古瓦」『播磨国分尼寺跡 -遺跡発掘事前総合調査概要報告-』姫路市教育委員会
20 塩田遺跡 高砂市曽根町 奈良・平安 官衙か 墨書土器5点、箆描き土器1点 高砂市教育委員会 高砂市教育委員会 1979「塩田遺跡2」
21 溝之口遺跡 加古川市加古川町美乃利字六反田・鴨才 奈良 集落跡か 墨書土器3点 加古川市教育委員会 岡本一士・山田郁子ほか 1992『溝之口遺跡発掘調査報告書1』 加古川市教育委員会
22 野口廃寺 加古川市野口町 白鳳 寺院 箆描き文字瓦 - 今里幾次 1982 「姫路市砥堀瓦窯の文字瓦」『兵庫考古』第17号 兵庫考古研究会
23 横田遺跡 加西市 奈良 集落跡 墨書土器 加西市教育委員会 加西市教育委員会 1998『企画展 発掘された加西』
24 多哥寺遺跡 多可郡中町天田字天ノ木 白鳳 寺院 墨書土器1点 中町教育委員会 菱田哲郎・宮原文隆ほか 1995『多哥寺遺跡』中町教育委員会
25 安坂・城の堀遺跡 多可郡中町安坂 白鳳 集落跡 墨書土器多数 中町教育委員会 ・宮原文隆 1997『安坂・城の堀遺跡 -埋蔵文化財発掘調査成果の概略- 』中町教育委員会
・宮原文隆 2000『安坂・城の堀遺跡Ⅱ -県道山南中線建設に係る文化財発掘調査(第4区B・第6・7区)- 』中町教育委員会
26 思い出遺跡群 多可郡中町間子・岸上・天田・鍛冶屋 古代 官衙か 墨書土器3点 中町教育委員会 宮原文隆ほか 2000『思い出遺跡群Ⅱ-中町北線建設にかかる文化財発掘調査(第10区)-』中町教育委員会、宮原文隆 2003『思い出遺跡群5』中町教育委員会
27 浄谷遺跡 小野市浄谷町地蔵池ノ下・帝釈前 中世 集落跡 墨書土器1点 兵庫県教育委員会 山上雅弘ほか 1993「浄谷遺跡」『浄谷遺跡・南山古墳群・玉津田中遺跡南大山地点』 兵庫県教育委員会
28 上滝野・宮ノ前遺跡 加東郡滝野町上滝野 奈良・平安 官衙か 木簡10点、墨書土器約230点、箆描き土器5点 加東郡教育委員会 加東郡教育委員会 1992『上滝野・宮ノ前遺跡』
29 吉田南遺跡 神戸市西区玉津町吉田 奈良 官衙 墨書土器14点、木簡 兵庫県教育委員会 ・西口圭介ほか 1995『吉田南遺跡(足田地区)・北王子遺跡』兵庫県教育委員会
・木簡学会編 1990『日本古代木簡選』岩波書店
30 勝雄遺跡 神戸市北区 中世 集落跡 墨書土器 神戸市教育委員会 神戸市教育委員会 2001『平成10年度 神戸市埋蔵文化財年報』
31 上ノ段遺跡(野村廃寺) 西脇市野村町字上ノ段 奈良 寺院跡 墨書土器6点 西脇市教育委員会 岸本一郎 2002『上ノ段遺跡(野村廃寺)発掘調査報告書』西脇市教育委員会
32 沢構 神崎郡市川町沢字カマエ 奈良・平安 官衙か 墨書土器約20点 兵庫県教育委員会 兵庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所 1999『平成10年度 年報』
33 坊主山遺跡 揖保郡太子町松尾 平安
墨書土器3点 兵庫県教育委員会 西口和彦 1982「坊主山遺跡」『兵庫県埋蔵文化財
34 鵤遺跡 揖保郡太子町鵤 弥生
墨書土器 太子町教育委員会 太子町立歴史資料館 1997『太子町立歴史資料館常設展示案内』
35 阿曽丁田遺跡 揖保郡太子町阿曽 弥生
墨書土器 太子町教育委員会 太子町立歴史資料館 1997『太子町立歴史資料館常設展示案内』
36 出合遺跡 神戸市西区玉津町 古墳 郡司級の邸宅か 墨書土器、木簡 瀬戸内考古学研究所 亀田修一・鎌木義昌 1992「出合遺跡」『兵庫県史 考古資料編』兵庫県
37 垂井遺跡 小野市神明町 弥生 集落跡 墨書土器1点 小野市教育委員会 岸本直文 1997「小野市の考古資料」『小野市史』第4巻 小野市
38 白水遺跡 神戸市西区伊川谷町 弥生 集落跡 墨書土器1点 白水遺跡発掘調査団 眞野 修ほか 1997『白水遺跡’94~’96』白水遺跡発掘調査団
39 片吹遺跡 龍野市誉田町 弥生 集落跡 墨書土器1点 龍野市教育委員会 市村高規・泉 拓良ほか 1985『片吹遺跡』龍野市文化財調査報告書Ⅵ 兵庫県龍野市教育委員会
40 (小郡文化資料館) 山口県小郡下郷 奈良時代中期か? 採集資料  「飾磨郡因達郷秦益人・・」刻書滑石製有孔石板1点 小郡文化資料館 2009『月刊文化財情報』4月

※内容については各自の責任においてご利用ください。
※内容に誤りや不備等ございましたら、お手数ですが考古博物館までお知らせください。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン