HOME > ひょうご考古学情報 / 考古学情報バンク / 考古資料集成
考古学情報バンク

籠目土器

 ①焼成後の土器を籠に包んで使用していた際についた籠目の痕跡のある土器。②土器の製作時に、細く割った竹などで編まれた籠に粘土を押しつけて作った土器。また、それを真似して製作された土器。
 ②は縄文後期、弥生後期に少数の例があるが多くは4~5世紀に増加する。②の種類には外面に籠目があるものと、内面にあるものとがある。

No. 遺跡名 所在地 時期 遺物 文献名
1 犬岡遺跡 氷上郡氷上町犬岡 弥生時代後期 ①壺1個体 山田清朝ほか 1995『犬岡遺跡』兵庫県教育委員会
2 鍛冶屋・下川遺跡 多可郡中町鍛冶屋 弥生時代後期前半 ①壺1個体 宮原文隆 1994『鍛冶屋・下川遺跡』中町教育委員会
3 玉津田中遺跡(平野地区) 神戸市西区平野町 弥生時代後期 ①壺2個体 神戸市教育委員会 1993『平成2年度 神戸市埋蔵文化財年報』
4 大津茂川川床遺跡 揖保郡太子町太田 弥生時代後期 ①壺1個体 太子町立歴史資料館 1997『太子町立歴史資料館常設展示案内』
5 美乃利遺跡 加古川市大野 弥生時代後期 ①壺1個体 兵庫県教育委員会1997『美乃利遺跡』
6 行者塚古墳 加古川市山手 古墳時代中期 ②鉢 加古川市教育委員会1997『行者塚古墳』
7 クワンス塚古墳 加西市玉野町 古墳時代中期 ②鉢 加西市2008『加西市史』第一巻

※内容については各自の責任においてご利用ください。
※内容に誤りや不備等ございましたら、お手数ですが考古博物館までお知らせください。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン