HOME > ひょうご考古学情報 / 考古学情報バンク / 考古資料集成
考古学情報バンク

舟形石棺

 刳り抜いて作られた古墳時代の石製のひつぎ。平面形は小口側がやや凸曲面を描いた長方形で、断面形は楕円形に近い。九州地方を中心に分布している。

No. 遺跡名 所在地 石棺 墳丘等 文献名
1 朝臣1号墳 揖保郡御津町朝臣 蓋石(阿蘇熔結凝灰岩製) 貯水槽工事中に発見のため詳細不明 ・上田哲也・増田重信 1960「播磨御津町中島出土の特殊家形石棺」『古代学研究』第26号 古代学研究会
・松本正信ほか 1997「考古学からみた御津町の原始・古代」『御津町史』第三巻 御津町
2 中山寺境内の石棺 宝塚市中山寺 棺身(凝灰岩製) 手水鉢に転用、詳細不明 梅原末治 1930「中山寺」『兵庫県史蹟名勝天然記念物調査報告』第7輯 兵庫県

※内容については各自の責任においてご利用ください。
※内容に誤りや不備等ございましたら、お手数ですが考古博物館までお知らせください。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン