HOME > ひょうご考古学情報 / 考古学情報バンク / 考古資料集成
考古学情報バンク

装飾付大刀

 古墳時代の大刀で、大刀の把頭が飾られたものや、鞘も含めて全体が飾られたものなどがある。飾りについても金銅製のものや、単に把頭の形が飾られているだけのものも含む。また、銀の象嵌で飾られたものもある。木製漆塗りで飾られた大刀もあるが、一般的には鉄や銀、金銅で飾られたものを指している。

No. 遺跡名 所在地 古墳 遺物 文献名
1 中井1号墳 たつの市龍野町中井 直径20m、円墳 三累環頭大刀1点 井守徳男・渡辺 昇ほか 1987『中井古墳群・中井鴨池窯跡』兵庫県教育委員会
2 宮山古墳 姫路市四郷町坂元 直径22m、円墳 三葉環頭大刀1点、銀製異形式環頭大刀1点 ・松本正信・加藤史郎ほか 1970『宮山古墳発掘調査概報』姫路市教育委員会
・町田 章 1976「環頭の系譜」『研究論集Ⅲ』奈良国立文化財研究所
3 大藪古墳群(伝 野塚18号墳) 養父市大薮字下山 直径6m、円墳(野塚18号墳) 単龍環頭大刀1点 但馬考古学研究会 1994『徹底討論大藪古墳群』養父町教育委員会
4 奥谷蕪谷古墳 篠山市殿町
単龍環頭大刀1点 穴沢咊光・馬目順一 1986「日本における龍鳳環頭大刀の製作と配布—一つの試論—」『月刊考古学ジャーナル』№266 ニュー・サイエンス社
5 本位田1号墳 佐用郡佐用町本位田 不明 単龍環頭大刀1点 三日月町史編纂委員会 1964『三日月町史』第1巻古代
6 窟屋1号墳 三木市志染町窟屋 直径16m、円墳 単鳳環頭大刀1点 兵庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所 2002『平成13年度 年報』
7 山田2号墳 篠山市大山下山田坪 全壊(直径20mか)、円墳 単鳳環頭大刀1点 多紀郡教育事務組合教育委員会 1973『波賀尾群集墳分布調査報告書』
8 伝 白水夫塚古墳 神戸市西区伊川谷町潤和 不明 龍鳳環頭大刀1点(中心飾り欠失) 町田 章 1986「環頭大刀二三事」『山陰考古学の諸問題』山本清先生喜寿記念論集刊行会、岡本一秀2008「伝瓢塚古墳出土環頭の由来」『兵庫県立考古博物館研究紀要』第1号 兵庫県立考古博物館
9 高畑2号墳 佐用郡佐用町末広 不明 双龍環頭大刀1点、頭椎大刀(金銅製六窓鍔)1点 三日月町史編纂委員会 1964『三日月町史』第1巻古代
10 黍田15号墳 たつの市揖保川町黍田 直径10m、円墳 双龍環頭大刀1点 、(金銅装刀子) 松本正信・加藤史郎ほか 2000 『山津屋・黍田・原─町道山津屋・原線建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告─』揖保川町教育委員会
11 御園古墳 尼崎市塚口本町8丁目 全長60m、前方後円墳 双鳳環頭大刀1点・型式不明(銀象嵌)1点 ・町田 章 1986「環頭大刀二三事」『山陰考古学の諸問題』山本清先生喜寿記念論集刊行会
・岡崎正雄ほか 1991『高川古墳群』兵庫県教育委員会
12 文堂古墳 美方郡香美町寺河内 不明 双龍環頭大刀1点・頭椎大刀1点(金銅製六窓鍔)・方頭大刀1点・型式不明(銀装)1点 村岡町誌編纂委員会 1980『村岡町誌』上 村岡町
13 中井2号墳 たつの市龍野町中井 直径20m、円墳 頭椎大刀1点(銀象眼無窓鍔) 井守徳男・渡辺 昇ほか 1987『中井古墳群・中井鴨池窯跡』兵庫県教育委員会
14 長尾古墳(1号墳) 朝来市和田山町筒江 円墳か(詳細不明) 頭椎大刀(金銅製六窓鍔)1点 櫃本誠一 1973「兵庫県和田山町筒江出土の頭椎大刀」『古代学研究』第67号 古代学研究会
15 上山5号墳 朝来市和田山町林垣 直径12m、円墳 頭椎大刀1点(金銅製八窓鍔) 櫃本誠一 1978「上山5号墳・大谷2号墳」『秋葉山墳墓群』和田山町教育委員会
16 沢の浦2号墳 篠山市小坂 直径9m、円墳 頭椎大刀1点(銀象眼八窓鍔) 市橋重喜・池田正男ほか 1987『沢の浦古墳群』兵庫県教育委員会
17 高川2号墳 三田市藍本 直径10m、円墳 頭椎大刀?1点(銀象眼八窓鍔) 岡崎正雄ほか 1991『高川古墳群』兵庫県教育委員会
18 二見谷4号墳 豊岡市城崎町二見 直径18m、円墳 頭椎大刀1点(金銅製六窓鍔) 櫃本誠一ほか 1975『二見谷古墳群』城崎町教育委員会
19 高川1号墳 三田市藍本 直径11m、円墳 頭椎大刀あるいは圭頭大刀1点(金銅板六窓鍔) 岡崎正雄ほか 1991『高川古墳群』兵庫県教育委員会
20 二見谷1号墳 豊岡市城崎町二見 直径20m、円墳 圭頭大刀2点 櫃本誠一ほか 1975『二見谷古墳群』城崎町教育委員会
21 箕谷2号墳 養父市八鹿町小山箕谷 直径20m、円墳 型式不明1点(圭頭系大刀、銅象嵌戊辰年銘) 谷本 進ほか 1987『箕谷古墳群』八鹿町教育委員会
22 楯縫古墳 豊岡市日高町鶴岡 直径29m、円墳 円頭大刀1点(銀象眼) 西山要一 1986「古墳時代の象嵌-刀装具について-」『考古学雑誌』第72巻第1号 日本考古学会
23 勝福寺古墳北墳 川西市火打2丁目 全長40m、前方後円墳 円頭大刀1点(銀象眼龍文)、型式不明(銀線巻柄と銀象嵌鞘口金具)1点 木村次雄 1929「摂津の鈴鏡出土の古墳」『考古学雑誌』第19巻第11号 日本考古学会
24 宮内中山古墳群 朝来市和田山町宮内
方頭大刀1点を含む3点 田畑 基 2004「考古学からみた和田山」『和田山町史』上巻 和田山町
25 東山15号墳 多可郡多可町東山 直径25m、円墳 方頭大刀(漆塗)1点 菱田哲郎ほか 1999『東山古墳群Ⅰ』中町教育委員会・京都府立大学考古学研究室
26 中垣内古墳群 たつの市揖西町中垣内
方頭大刀1点 滝瀬芳之 1984「円頭・圭頭・方頭大刀について」『日本古代文化研究』創刊号 古墳文化研究会
27 東山1号横穴墓 豊岡市上鉢山 横穴墓 型式不明1点(円頭、圭頭、方頭のいずれか) 瀬戸谷 晧ほか 1992『上鉢山・東山墳墓群』 豊岡市教育委員会
28 三津5号墳 宍粟市山崎町三津 直径12m、円墳 型式不明(金銅製銀象嵌鍔)1点 亀井義彦 1987『三津群集墳』宍粟郡山崎町教育委員会
29 東山1号墳 多可郡多可町東山 直径25m、円墳 型式不明(銀線巻柄と金銅製鍔)2点 菱田哲郎ほか 1999『東山古墳群Ⅰ』中町教育委員会・京都府立大学考古学研究室
30 庄境1号墳 篠山市大沢新庄境坪 直径10m、円墳 型式不明(銀象嵌無窓鍔)1点 渡辺 昇・別府洋二ほか 1987『庄境1号墳』兵庫県教育委員会
31 春の木田1号墳 朝来市和田山町久田和 墳丘不明 型式不明大刀(銀象嵌鍔)1点 田畑 基 2004「考古学からみた和田山」『和田山町史』上巻 和田山町
32 太市中6号墳 姫路市太市中 直径11.5m、円墳 型式不明(銀象嵌鍔)1点 柏原正民・井守徳男ほか 2003『太市中古墳群』兵庫県教育委員会
33 山田1号墳 篠山市大山下山田坪 直径14.5m、円墳 型式不明(金銅装)1点 多紀郡教育事務組合教育委員会 1973『波賀尾群集墳分布調査報告書』
34 伊津神古墳 美方郡香美町原
型式不明(金銅装)1点 兵庫県教育委員会編 1988『きらびやかな黄泉の国 但馬の埋蔵文化財展図録』兵庫県立円山川公苑美術館
35 カヤガ谷2号横穴 豊岡市出石町袴狭 横穴墓 型式不明(銀装)1点 岡崎正雄ほか 1991『高川古墳群』兵庫県教育委員会
36 荒神塚古墳 豊岡市大谷
型式不明(銀装)1点 兵庫県教育委員会編 1988『きらびやかな黄泉の国 但馬の埋蔵文化財展図録』兵庫県立円山川公苑美術館
37 夕垣8号墳 養父市八鹿町下網場
頭椎大刀または圭頭大刀(銀象眼八窓鍔)1点 兵庫県立考古博物館2008発表(象嵌発見前の文献/兵庫県教育委員会1983『夕垣古墳群・夕垣遺跡発掘調査報告書』第21冊
38 桜塚古墳 丹波市春日町棚原
型式不明(金銅装)1点 氷上郡教育委員会1989『氷上郡の文化財』

※内容については各自の責任においてご利用ください。
※内容に誤りや不備等ございましたら、お手数ですが考古博物館までお知らせください。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン