HOME > ひょうご考古学情報 / 考古学情報バンク / 考古資料集成
考古学情報バンク

三輪玉

 古墳時代後期の大刀の装飾品。大刀の把に付属する勾金、または勾革に取り付けられたもので、中空の金銅製や水晶製、碧玉製などで作られている。この装飾品の系譜につながるものとして、伊勢神宮の玉まきの太刀がある。日本独自の装飾方法である。

No. 遺跡名 所在地 時期 遺物 文献名
1 池尻15号墳 加古川市平荘町池尻 古墳時代後期 4点、水晶製 島田 清・上田哲也他 1965『印南野─その考古学的研究─1 加古川工業用水ダム古墳群発掘調査報告』加古川市教育委員会
2 王塚古墳 小野市王子町字宮山 古墳時代後期 5点、碧玉製 岸本直文 1997「小野市の考古資料」『小野市史』第4巻 小野市
3 西宮山古墳 龍野市龍野町 古墳時代後期 2点、金銅製か 松本正信ほか 1984「龍野市とその周辺の考古資料」『龍野市史』第四巻 龍野市
4 山芦屋古墳 芦屋市山芦屋町 古墳時代後期 2点、水晶製 勇 正広・藤岡 弘 1978「山芦屋古墳」『日本考古学年報』29(1976年版) 日本考古学協会

※内容については各自の責任においてご利用ください。
※内容に誤りや不備等ございましたら、お手数ですが考古博物館までお知らせください。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン