HOME > ひょうご考古学情報 / 考古学情報バンク / 考古資料集成
考古学情報バンク

卜骨

 占いに使用された動物の骨。骨に孔を開け、その孔に火を点じ、生じたひび割れの状態によって占うというもの。中国に祖形がある。日本では魏志倭人伝に「骨を灼いて卜し、以て吉凶を占う」とあるのをはじめ、遺跡からは弥生時代前期から奈良時代にまで続く。現在でも神社の神事として残っている。骨の種類としては、鹿の肩甲骨が多い。

No. 遺跡名 所在地 時期 遺物 文献名
1 古網干遺跡 姫路市網干区 平安時代後半~鎌倉時代初頭 ニホンシカの肩胛骨、4個の穴 秋枝 芳 2004「古網干遺跡出土卜骨について」『文化財だより』第52号 姫路市文化財保護協会

※内容については各自の責任においてご利用ください。
※内容に誤りや不備等ございましたら、お手数ですが考古博物館までお知らせください。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン