HOME > ひょうご考古学情報 / 考古学情報バンク / 考古資料集成
考古学情報バンク

垂飾付耳飾

 金・銀の環に装飾部を垂下した耳飾り。古墳時代の中期に朝鮮半島から伝わったもので、ハート形の飾りや、鈴などを飾り付けた精巧な作りをしたものもある。

No. 遺跡名 所在地 時期 遺物 文献名
1 西宮山古墳 龍野市日山 古墳時代後期 金製、無鎖式短型1点 八賀 晋 1982「西宮山古墳出土遺物」 『京都国立博物館蔵 富雄丸山古墳・西宮山古墳出土遺物』京都国立博物館
2 宮山古墳 姫路市四郷町坂元 古墳時代中期 金製、有鎖式長型4点 ・松本正信・加藤史郎ほか 1970『宮山古墳発掘調査概報』姫路市教育委員会・松本正信・加藤史郎 1973『宮山古墳第2次発掘調査概報』姫路市教育委員会
3 カンス塚古墳 加古川市平荘町又兵衛新田 古墳時代中期 金製、有鎖式長型2点 喜谷美宣 1985『加古川市カンス塚古墳発掘調査概要』加古川市教育委員会

※内容については各自の責任においてご利用ください。
※内容に誤りや不備等ございましたら、お手数ですが考古博物館までお知らせください。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン