HOME > ひょうご考古学情報 / 考古学情報バンク / 考古資料集成
考古学情報バンク

筒形銅器

 槍、矛の柄の下に付けられた石突と考えられている長さ十数㎝の筒形の銅製品で、鋳造で作られている。縦長の透かしが開けられており、内部に入れられた銅の棒により、ふると音が鳴る。古墳時代前期から中期の副葬品で、これまで日本列島で生産されたとされてきたが、近年、朝鮮半島南部の例が増加してきており、未だ決着をみていない。

No. 遺跡名 所在地 時期 遺物 文献名
1 松田山古墳 揖保郡太子町佐用岡 古墳時代前期 1点。腐蝕激しい。舌状銅器1点伴出。 松本正信ほか 1984「龍野市とその周辺の考古資料」『龍野市史』第四巻 龍野市

※内容については各自の責任においてご利用ください。
※内容に誤りや不備等ございましたら、お手数ですが考古博物館までお知らせください。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン