HOME > ひょうご考古学情報 / 考古学情報バンク / 考古資料集成
考古学情報バンク

刻印土器

土器を焼く前に、ハンコのようなもので刻印されたもの。目的などは明らかではありません。刻印を手がかりに生産地と消費地をさぐることも可能で、生産と流通を考える上で、貴重な手掛かりとなります。

No. 遺跡名 所在地 時期 刻印の内容 文献名
1 坂元遺跡 加古川市 奈良時代   「全」 兵庫県教育委員会2009『坂元遺跡Ⅱ』  
2 西ノ池窯跡 加古川市 奈良時代 「全」  
3 東浜谷遺跡 篠山市(多紀郡衙推定地) 「郡」  
4 丁・柳ケ瀬遺跡 姫路市 「榎」の逆字
5 芦屋廃寺 芦屋市 「寺」

備考 <参考文献>兵庫県教育委員会2009『坂元遺跡Ⅱ』本文編P6を元に作成

※内容については各自の責任においてご利用ください。
※内容に誤りや不備等ございましたら、お手数ですが考古博物館までお知らせください。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン