HOME > ひょうご考古学情報 / 館蔵品紹介
館蔵品紹介

県指定文化財リスト

名称 深田遺跡出土品一括(70点)(平成6年度指定)
内容 木簡(題籖含)35点、その他の木製品26点、墨書土器4点、硯2点、帯金具巡方1点、銅銭2点
遺跡名 深田遺跡
出土地 豊岡市日高町
概要  深田遺跡は周辺に国分僧寺、国分尼寺などがあり、延暦23年(804)に気多郡高田郷に移したと『日本書紀』に記されている但馬国府跡推定地の一つと考えられています。
 木簡では、紀年銘をもつものが多く、但馬国府が高田郷に遷された時期に近いものから10世紀末までにもおよび、この遺跡が機能した時期がわかるものです。また、墨書土器でも「但馬」や「国当」は硯の存在と合わせて、この遺跡が国府に関係することを示すものと考えられます。
 これらの遺物は当遺跡の性格を明らかにするだけでなく、但馬国の平安時代を考える上で大変貴重な資料です。
備考 <参考文献>兵庫県文化財調査報告第99冊
深田遺跡出土品一括(70点)(平成6年度指定) 「大同五年(810年)」「弘仁三年(812年)」などの紀年銘をもつ題籖(紙巻の軸)の表

「大同五年(810年)」「弘仁三年(812年)」などの紀年銘をもつ題籖(紙巻の軸)の表

深田遺跡出土品一括(70点)(平成6年度指定) 同上(裏)

同上(裏)

深田遺跡出土品一括(70点)(平成6年度指定) 扇骨、独楽(コマ)、木履、刷毛などの木製品

扇骨、独楽(コマ)、木履、刷毛などの木製品

深田遺跡出土品一括(70点)(平成6年度指定) 墨書土器「但馬」

墨書土器「但馬」

深田遺跡出土品一括(70点)(平成6年度指定) 帯金具の巡方(上)および「和銅開珎」と「富寿神宝」(下)

帯金具の巡方(上)および「和銅開珎」と「富寿神宝」(下)

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン