HOME > ひょうご考古学情報 / 館蔵品紹介
館蔵品紹介

県指定文化財リスト

名称 簾状文壺
内容 簾状文壺1点
遺跡名 下内膳遺跡
出土地 洲本市下内膳
概要 弥生時代中期の壺で、河内地域に見られる簾状文が施されています。土も河内地方に特徴的なものであり、大阪湾を越えて運ばれていることがわかります。注目すべきは一緒に出土した土器の時期で、全て弥生時代後期のものです。伝世したとしか、いいようがありません。なお、体部下半には穿孔があり、祭祀用に使われたようです。
備考 <参考文献>兵庫県文化財調査報告第155冊
簾状文壺 河内産簾状文壺

河内産簾状文壺

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン