HOME > ひょうご考古学情報 / 館蔵品紹介
館蔵品紹介

県指定文化財リスト

名称 三条九ノ坪遺跡木簡(1点)(平成13年度指定)
内容 木簡1
遺跡名 三条九ノ坪遺跡
出土地 芦屋市三条町
概要  水田とそれに伴う流路がみつかり、木簡はこの流路の中から土器などとともに見つかりました。
 表面には「三 壬子年■」、裏面には「子卯丑■向」の文字が書かれています。「壬子年」は年号を表しており、元号が定着して使用される「大宝元年」(701)以前のものと考えられ、とくに「三」とあることから、「三」と「壬子」が重なる年、すなわち「白雉三年」(652)の木簡であることがわかります。
 このように、645年の大化改新から701年の大宝律令制定までの年号記載方法を知る貴重な資料で、日本の国家形成期を示す具体的な資料といえます。
 また、年号が記された木簡としては全国で2番目の古さ(最古は難波宮出土の648年)です。
備考 <参考文献>兵庫県文化財調査報告第168冊
三条九ノ坪遺跡木簡(1点)(平成13年度指定) 木簡表面 「三 壬子年■」

木簡表面 「三 壬子年■」

三条九ノ坪遺跡木簡(1点)(平成13年度指定) 木簡裏面 「子卯丑■向」

木簡裏面 「子卯丑■向」

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン