HOME > ひょうご考古学情報 / 館蔵品紹介
館蔵品紹介

県指定文化財リスト

名称 七日市遺跡出土品(1,037点)(平成16年度指定)
内容 石器233・ブロックの一括資料804点
遺跡名 七日市遺跡
出土地 丹波市春日町七日市、野村、棚原
概要  七日市遺跡は由良川の一支流にあたる竹田川左岸の段丘面および後背山地からのびる扇状地上に立地します。
 九州南部から飛んできた姶良Tn火山灰の下層から後期旧石器時代の石器が見つかりました。石斧やナイフが出土し、ナウマンゾウの解体に使用されたと考えられます。石斧は10点以上見つかっており、西日本最大の出土点数です。
備考 出土品の一部が考古博物館テーマ展示「環境」で展示されています。
また、当遺跡のナウマンゾウ狩りのようすが再現されています。
<参考文献>兵庫県文化財調査報告第72-1・86・272冊
七日市遺跡出土品(1,037点)(平成16年度指定) 石斧やナイフ

石斧やナイフ

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン