HOME > もよおし案内
もよおし案内

おすすめのもよおし

-展覧会- ひょうごの遺跡2021—調査研究速報— 2021年01月16日(土) ~ 03月14日(日)
兵庫県の考古学の最新の調査成果を一堂に公開します。
報告書としてとりまとめた遺跡と令和2年度に発掘調査を行った遺跡から、選りすぐりの考古資料を紹介します。
-展覧会- 弥生時代って知ってる?—2,000年前のひょうご— 2021年04月17日(土) ~07月04日(日)
 弥生時代は、大陸との交流を背景に水田稲作や金属の使用がはじまり、ムラからクニへと発展する大きな社会の変化が起こった時代でした。本展では、兵庫県の資料を通して弥生時代のトピックをわかりやすく紹介します。
-メインホール展示- 望塚銅鐸復元品の展示 2021年01月21日(木) ~02月28日(日)
当館と県立相生産業高等学校とが協力して実施した「望塚銅鐸復元プロジェクト」の銅鐸復元品を展示します。
-お知らせ- もよおしものの変更について 2021年2月現在
 新型コロナウイルス感染防止のため、予定していたもよおしものについて一部内容を変更して実施します。
 変更・中止については、下のもよおしカレンダーをご確認ください。↓


-お知らせ- 講演会についてのお知らせ 2021年2月現在
 講演会は、定員を減らし予約制で実施しています。
下記の【講座・体験講座申込みページ】の予約フォーム、もしくは往復はがきでお申込みください。※応募多数の場合は抽選となります。
講座・体験講座申込みページはこちら
往復はがきでお申込みの方は、①開催日・講演会名、②住所、③氏名、④電話番号(当日連絡のつく番号)を記入し、当館までお送りください。(講演会ごとに1名につき1枚、受付期間終了日必着)
 〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
 兵庫県立考古博物館 学芸課 宛て

もよおしカレンダー

〇 講演会講師については最新の所属を記載しています。
〇 講演会・体験講座は事前予約制とさせていただきます。
 ※現在、講演会の定員は60名です。
  月を選択すると、選択した月の一覧にジャンプします。
2月
02月27日(土)  13:30~15:00 -講演会- 兵庫考古学研究最前線2020
「墳丘墓からみた弥生と古墳の間
 —内場山墳丘墓を中心に—」

講師:中川 渉((公財)兵庫県まちづくり技術センター次長)
場所:当館講堂
定員:60名
※要予約
2月12日受付終了
02月27日(土) 【中止】 -解説会- 学芸員によるミニ講座
「墳丘墓の出土品をよみとく」
当館の展示品について学芸員が詳しく紹介します。

※当日受付(要観覧券)
対象:どなたでも
場所:テーマ展示室
02月28日(日)  10:00~12:00 -体験講座- 組み方いろいろ組ひもづくり
いろいろな組ひもを作ります。

対象:高校生以上
場所:体験学習室
定員:5名
参加費:800円
※要予約
1月10日受付終了
3月
03月07日(日)  13:30~16:00(12:30開場) -講演会- 発掘調査速報会
(公財)兵庫県まちづくり技術センターの調査担当者が最新の発掘成果を報告します。

場所:当館講堂
定員:60名
※要予約
2月23日受付終了
【詳細】
03月13日(土)  13:30~15:00 -講演会- 兵庫考古学研究最前線2020
「平野における地形の変化と土地利用」

講師:山田 清朝((公財)兵庫県まちづくり技術センター副課長)
場所:当館講堂
定員:72名
※要予約
2月26日受付終了
03月13日(土)  15:30~16:00※講演会終了後 -解説会- 学芸員によるミニ講座
「復元古代船について」
当館の展示品について学芸員が詳しく紹介します。

※当日受付(要観覧券)
対象:どなたでも
場所:テーマ展示室
ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン