HOME > もよおし案内 / もよおし紹介
もよおし案内

もよおし情報

企画展「ひょうごの遺跡2015 -調査研究速報-」 -展覧会-
企画展「ひょうごの遺跡2015 -調査研究速報-」
遺跡から出土した遺物は土にまみれ、壊れたり、さびてボロボロになったりしています。このような出土品はきれいに洗いもとの形に復元し、保存処理をしてもとの形に近づけていきます。
今回の展覧会では昨年度に復元・保存が完成した出土品をまとめて展示します。新しく仲間入りする収蔵品をこの機会にどうぞご覧ください。
また、平成26年度に行われた発掘調査の最新成果の速報展示も行います。
さらに、1月17日(土)~2月8日(日)のみ「千石コレクション 古代中国鏡の至宝」も併せて特別公開します。

関連資料
開催期間 2015年1月17日(土)~2015年3月29日(日)
会場 特別展示室
時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
開催期間中の
休館日
毎週月曜日
観覧料金 大人:210円(160円)
大学生:150円(120円)
高校生:100円(80円)
小・中学生:無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者手帳提示で本人と介護者1名は半額
※65歳以上の方は大人料金の半額
概要 ◆主な展示内容◆
<淡路地域>
曽根遺跡(南あわじ市)旧石器ナイフ形石器・翼状剥片
神子曽遺跡(南あわじ市)縄文土器(船元Ⅲ式)、石器類、弥生中期周溝墓群出土土器、古墳時代初頭土師器
<摂津地域>
福島・長町遺跡(三田市)縄文土器(晩期突帯文土器)、石器
<但馬地域>
片山古墳(養父市)古墳時代木棺群の土師器壺・器台、鉄器(剣・鏃など)・玉類、古墳時代前期土器棺
<播磨地域>
明石城下町町屋跡(明石市)胞衣壺、土製品・硯・水滴、土坑出土の動物遺体(魚骨・貝)

◆講演会◆
・2月14日(土)13:30~15:00
 「淡路最大級の周溝墓群-神子曽遺跡-」  
  藤田 淳  当館企画広報課長

・2月21日(土)13:30~15:00
 「平福御殿屋敷跡」 
  山上 雅弘 当館学芸員

・3月 7日(土)13:30~15:00
 「兵庫の鉄生産」
  村上 泰樹 (公財)兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部次長

・3月28日(土)13:30~15:00
 「ひょうごの遺跡で判った縄文世界」
  深井 明比古 当館事業部長

※講演会の会場はいずれも講堂、
 定員120名、無料、当日受付(受付開始13:00)

◆発掘調査速報会◆
・3月14日(土)13:30~16:00
 (公財)兵庫県まちづくり技術センター発掘調査担当者による最新の発掘調査成果の報告会を行います。 
 会場:当館講堂、定員120名、無料、当日受付(受付開始13:00)

◆体験イベント◆
・2月1日(日) 13:30~15:00
 「節分-鬼瓦のお面で鬼退治-」
 古代の鬼瓦の文様で鬼のお面を作って、どんぐりで豆まきをします
 要予約。先着20名。参加無料
 予約・お問い合わせ:学習支援課(079-437-5564)
 
・3月1日(日) 13:30~15:00
 「ひなまつり-ハニワのおひな様を作ろう-」
 粘土でハニワ形の可愛いおひな様をつくります
 要予約。先着20名。参加無料
 予約・お問い合わせ:学習支援課(079-437-5564)
 
・3月21日(土)・22日(日)12:30~15:30
 考古博であそぼう

《訂正とお詫び》
チラシ裏面に記載しております「阪神・淡路大震災20年特別展プレ講演会 災害と遺跡」についてタイトル等に誤りがありましたのでお詫びして訂正します。※修正したチラシデータを掲載しています。
・1月17日 講演会講師役職名
(正)文化庁記念物課主任文化財調査官
(誤)文化庁記念物課主任調査官
・1月24日 講演会講師役職名
(正)神戸市立大日丘児童館館長
(誤)神戸市立上野児童館館長
・2月7日 講演会タイトル
(正)東日本大震災と貞観地震に学ぶ-大地動乱の時代に再突入-
(誤)発掘された東北地方の津波痕跡
ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン