HOME > もよおし案内 / もよおし紹介
もよおし案内

もよおし情報

災害と遺跡 -講演会-
災害と遺跡
阪神・淡路大震災20年特別展 プレ連続講演会
 阪神・淡路大震災や東日本大震災の復旧・復興事業に伴う埋蔵文化財調査の成果や、最近発掘された地震痕跡をテーマとする講演会を行います。
関連資料
開催期間 2015年01月17日,24日,31日,2月7日(土)
会場 兵庫県立考古博物館 講堂
時間 13:30~15:00
観覧料金 無料。
概要 【主催】阪神・淡路大震災20年事業「災害と遺跡」実行委員会
【共催】兵庫県教育委員会・兵庫県立考古博物館

1月17日(土)「災害と考古学-震災20年を振り返って-」
        禰冝田 佳男(文化庁記念物課主任文化財調査官)
1月24日(土)「震災と遺跡」
        渡辺 伸行(神戸市立大日丘児童館館長)
        山本 誠 (当館主査)
1月31日(土)「自然災害の歴史から学ぶ防災・減災対策とその教育」
        森永 速男(兵庫県立大学防災教育センター教授)
2月7日(土)「東日本大震災と貞観地震に学ぶ
        -大地動乱の時代に再突入-」
        柳澤 和明(東北歴史博物館上席主任研究員) 
会場:当館講堂
時間:13時30分~15時00分(受付13時00分~)
定員:先着120名
料金:無料
※本事業はひょうご安全の日推進県民会議からの助成を受けて実施しています 

《関連行事》
シンポジウム「震災復興と埋蔵文化財」
【主催】阪神・淡路大震災20年事業「震災復興と文化財の保護」事業
    実行委員会

日時:1月18日(日)10時00分~14時30分
会場:当館講堂
定員:120名
料金:無料
問い合わせ:兵庫県教育委員会文化財課(078-362-3784)    
ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン