HOME > もよおし案内 / もよおし紹介
もよおし案内

もよおし情報

速報展示 -メインホール展示-
速報展示
「台湾で国際交流展に参加」
台湾の新北市立十三行博物館で東アジアの海洋文化を紹介する展覧会を台湾と日本の7つの博物館が共同で開催しています。
当館も兵庫県の瀬戸内海の海洋文化を表す資料を展示しています。このメインホールの展示ケースでも台湾で展示しているものと同種の資料を展示します。
開催期間 2018年08月1日(水)~08月31日(金)
会場 兵庫県立考古博物館 メインホール展示ケース
時間 9:00~18:00
開催期間中の
休館日
月曜日
観覧料金 無料
概要 兵庫県の瀬戸内海のを特徴づけるものは、タコ漁と塩づくりです。
展示している弥生時代~古墳時代の資料からは古代人の工夫のあとを見ることができます。
展示資料はマダコ壺・イイダコ壺と製塩土器です。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン