HOME > もよおし案内 / もよおし紹介
もよおし案内

もよおし情報

新春展示 -メインホール展示-
新春展示
「猪にまたがる武士を表現した土人形」
平成31年の干支「亥」にちなんで、かわいい亥の出土品を展示します。
関連資料
開催期間 01月02日(水)~01月31日(木)
会場 兵庫県立考古博物館 メインホール展示ケース
時間 9:00~17:00
開催期間中の
休館日
月曜日(祝休日の場合は翌平日)
観覧料金 無料
概要  今回のメインホール展示は、今年の干支である亥年にちなんで当館の館蔵品の中から亥にまつわる出土品を紹介します。
 この土人形は神戸市にある兵庫津遺跡から出土した江戸時代の資料です。兵庫は江戸時代、多くの人々が住む国内有数の港湾都市でした。発見した当初は「変わった土人形だなあ」という評価でしたが、調べていくうちに歌舞伎で人気の曽我物語にちなんだ土人形であることがわかりました。
 今日でも人気のミニチュアのフィギュアのルーツとも言えるものです。江戸時代の人々はこの土人形でどんな遊びをしていたのでしょう。とても小さな資料ですが、それが作られた背景などを知ると面白いものです。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン