HOME > もよおし案内 / もよおし紹介
もよおし案内

もよおし情報

特別展 縄文土器とその世界 -展覧会-
特別展 縄文土器とその世界
 約1万年の時の流れを表す縄文土器。今回の展示では、縄文文化を代表する火焔型土器・遮光器土偶・注口土器をはじめ、県内出土品約250点の土器や土偶などの展示から縄文世界を感じていただきます。

[主催]兵庫県立考古博物館
関連資料
開催期間 2019年04月20日(土)~06月23日(日)
会場 当館特別展示室
時間 9:30~18:00(入場は17:30まで)
開催期間中の
休館日
月曜日(祝休日の場合は翌平日)
観覧料金 大人500円(400円)、大学生400円(300円)、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
※障害者手帳提示で本人は75%減免、介助者1名まで無料
※満70歳以上の方は大人料金の半額
概要 ◆展示解説◆
 会期中の日曜日 13:30~14:00

◆講演会◆
 場所:当館講堂
 時間:13:30~15:00
 (12:50会場)※混雑時は開場時間を早める場合があります。
 料金:無料 定員:先着120名 当日受付

4月20日(土)
「縄文文化の世界同時代史」
 泉 拓良(京都大学名誉教授 奈良大学名誉教授 弘前大学人文社会科学部客員研究員)
5月11日(土)
「雪国の火焔土器文化」 
 佐藤 雅一(新潟県津南町教育委員会学芸員)
5月18日(土)
「いま明らかになる兵庫の縄文」
 深井 明比古(当館社会教育推進専門員)
5月25日(土)
「土器棺墓-生と死を媒介する縄文土器」
 岡田 憲一(奈良県立橿原考古学研究所指導研究員)
6月8日(土)
「ひょうご5カ国の縄文を歩いたころ」
 石野 博信(当館名誉館長)

◆イベント◆
●ゴールデンウィークイベント 「体感!縄文時代」
 縄文土器パズルや本物の「火焔型土器」にさわって縄文時代を体感しよう。
  日 時:5月3日(金祝)13:00~15:00

●遺跡ウォーク「縄文遺跡と日本遺産を巡る-福本遺跡から銀の馬車道まで-」
 神河町の史跡や遺跡を巡ります。
  日 時:6月1日(土) 10:00~15:30
  定 員:20人  参加費:200円  対象:どなたでも
  申込み:4月2日(火)から電話受付(079-437-5562/学芸課)

●“ハンペルマン” 引っ張ると踊る土偶をつくろう!
 紙を切り抜き、引っ張ると手足をバタバタさせる土偶を作ります。
  日 時:6月15日(土) 13:30~15:00
  定 員:20人  参加費:100円  対象:小学4年生以上
  申込み:往復はがきで8週間前から受付
  ※定員に満たない場合は1週間前まで電話で受付(079-437-5564/学習支援課)

●縄文土器文様のペン立てをつくろう!
 “火焔型土器”の特徴的な文様のペン立てを粘土で作ります。
  日 時:6月16日(日) 10:00~15:00
  定 員:15人  参加費:400円  対象:小学4年生以上
  申込み:往復はがきで8週間前から受付
  ※定員に満たない場合は1週間前まで電話で受付(079-437-5564/学習支援課)

●“縄文の仮面”土面をつくろう!
 縄文人になりきって、マツリに使う仮面を粘土で作ります。
  日 時:6月22日(土) 13:30~15:30
  定 員:15人  参加費:200円  対象:小学生以上
  申込み:往復はがきで8週間前から受付
  ※定員に満たない場合は1週間前まで電話で受付(079-437-5564/学習支援課)


◆紙芝居「ようこそ縄文ランドへ」ほか◆(ひょうご考古楽倶楽部による創作紙芝居)
 会期中の日曜日 13:00~13:20
ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン