HOME > もよおし案内 / もよおし紹介
もよおし案内

もよおし情報

一支国博物館連携企画展「壱岐の古代文化-海をめぐる生業と交流-」 -展覧会-
一支国博物館連携企画展「壱岐の古代文化-海をめぐる生業と交流-」
壱岐島(長崎県)は、海上交通の拠点として朝鮮半島や中国大陸との交流に重要な役割を果たしてきました。そのことを示す多くの遺跡は「国境の島 壱岐・対馬・五島~古代からの架け橋~」として日本遺産に認定されています。
本展では、主に弥生・古墳時代における対外交流を示した壱岐島の古代文化を紹介し淡路島など県内から出土した資料も加えて、海を基盤に生活を営んだ人々の生業と交流について展示します。

[主催]兵庫県立考古博物館 壱岐市立一支国博物館
関連資料
開催期間 2019年07月20日(土)~09月01 日(日)
会場 当館特別展示室
時間 9:30~18:00(入場は17:30まで)
開催期間中の
休館日
月曜日(祝休日の場合は翌平日)
観覧料金 大人200円(150円)、大学生150円(100円)、高校生以下無料
※( )書きは20名以上の団体割引料金
※障害者手帳提示で本人は75%減免、介助者1名は無料
※満70歳以上の方は大人料金の半額
概要 ◆企画展講演会◆
 場所:当館講堂
 時間:13:30~15:00(12:50開場)
 ※混雑時は開場時間を早める場合があります。
 定員:先着120人(当日受付) 料金:無料

7月20日(土)
「壱岐の弥生時代-魏志倭人伝に記された一支国の世界-」
 松見裕二(壱岐市教育委員会社会教育課係長)

8月3日(土)
「畿内からみた弥生・古墳時代の壱岐」
 和田晴吾(当館館長)

8月10日(土)
「壱岐の古墳時代-280基の古墳が物語る壱岐の古墳文化-」
 田中聡一(壱岐市教育委員会社会教育課係長)


◆イベント◆
7月27日(土)
 考古博DE夏まつり(一部観覧券が必要)
   古代体験のブースが館内に多数出現。
   楽しい夏の一日をお過ごしください。

 時間:12:30~15:30(受付は15:00まで)
---------------------------------------------------------
「壱岐いきクイズラリー」(考古博DE夏まつりで実施)
 時間:①12:30~ ②13:30~の2回制、 
 定員:120人(各回60人)  料金:無料
 対象:どなたでも参加できます。
    ただし、小学3年生以下は同伴にて体験可。
---------------------------------------------------------

8月17日(土)
 壱岐の貝殻を使ったワークショップ
 オリジナルシェルボトルづくり

 時間:11:00~16:00(10:30から整理券配布)
    ①11:00~ ②12:00~ ③13:00~
    ④14:00~ ⑤15:00~の5回制
 定員:100人(各回20人)  料金:無料
 対象:どなたでも参加できます。
    ただし、未就学児は保護者同伴にて体験可。

ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン