HOME > もよおし案内 / もよおし紹介
もよおし案内

もよおし情報

兵庫県出土の武人埴輪 -メインホール展示-
兵庫県出土の武人埴輪
坂元遺跡(加古川市)出土の武人埴輪を展示します。
    
関連資料
開催期間 2019年09月01日(日)~09月29日(日)
会場 メインホール内の展示ケース
時間 9:00~18:00
開催期間中の
休館日
月曜日(祝休日の場合は翌平日)
観覧料金 無料
概要 加古川市野口町に所在する坂元遺跡では、埴輪の窯とそこで焼かれた埴輪を立てた古墳が見つかりました。埴輪を焼いた窯と使われた古墳が一緒に調査でわかった事例は、県内では珍しいことです。
 この武人埴輪は、6世紀前半(今から約1500年前)のものと考えられます。頭には庇(ひさし)がつく帽子のような表現があり、顔の後ろから首にかけても覆われた表現がなされています。残念ながら頭部しか残っていませんが、体には古墳時代の男性が纏う装束が表現されていたと考えられます。
ひょうご考古学情報 ひょうご考古学トピック 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介
博物館の刊行物
スタッフブログ 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう! メールマガジン