千石コレクションデータベース

浮彫式獣帯鏡うきぼりしきじゅうたいきょう

浮彫式獣帯鏡-1
浮彫式獣帯鏡-2

キャラクターのオンパレードは何を表す?

外形円形
装飾
時代・年代後漢 1世紀
直径・重さ18.7 cm 1165g
浮彫り表現の獣像を主要な紋様とする。中央の鈕(ちゅう)の周りには二匹の龍と虎が、さらにその周囲には四神を含む様々な図像が巡っている。
日本での出土も知られており、その多くは古墳の副葬品となっている。
図録144
TOP

Language