当ホームページは、ご利用のブラウザの設定で文字サイズを大きくすることができます。
年間イベント 博物館の刊行物 ミュージアムショップ

お知らせ

2018年10月15日(月)から受付開始
兵庫県まちづくり技術センターと共催で「遺跡発掘体験」を11月23日(金・祝)に姫路市で実施します。
詳細は添付資料で確認してください。
お問い合わせは、まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部まで。℡079-437-5561(土日祝は休み)

2018年10月06日(土)
特別展「装飾大刀と日本刀-煌めきの刀剣文化-」開催中!
会期は12月2日(日)までです。



2018年10月03日(水)
メインホール展示を更新しました。
今回は、発掘調査を終えたばかりの竹貫中世墓(豊岡市)から出土した越前焼の甕と壺を速報展示しています。

2018年09月29日(土)開催
石野名誉館長の講演会
「淡路の初期銅鐸群と鉄器工房群-国生み神話の原郷-」
午後1時30分から当館講堂にて。(無料)
12時50分から開場予定。(先着120名)
(状況により早まることがあります)


2018年08月03日(金)
千石コレクションの科学的研究を日鉄住金テクノロジー株式会社と協力して進めます。本日、協定を締結しました。

2018年07月22日(日)
関東ローカルのニッポン放送(ラジオ番組)「八木亜希子LOVE & MELODY」内で当館が紹介されました。詳しくは【ニッポン放送サイト】で。

2018年05月24日(金)
兵庫県教育委員会が刊行した埋蔵文化財発掘調査報告書が閲覧できるようになりました。(PDF)
トップページの右側の【発掘調査報告書】のボタン(下から2番目)をクリックしてください。

2018年05月18日(金)
発掘調査情報誌「ひょうごの遺跡」の83号以降の閲覧をしやすくしました。

2018年04月19日(木)
自動車でご来館される方へ(お願い)
大中遺跡駐車場周辺は生活道路となっています。
資料に示した地区内を自動車で通り抜けることはご遠慮願います。よろしくお願いします。

新着情報

2018年10月04日(木)

スタッフブログ更新しました。
特別展の日本刀を列品している様子のレポートです。  

2018年10月02日(火)

スタッフブログ更新しました。
アジア・太平洋地域の考古学の専門職員、16名(16か国)がユネスコの研修で来館されました。  

2018年09月19日(水)

博物館の刊行物に「博物館NEWS vol.22」を追加しました。当館1階 考古学情報プラザにて配布しています。(無料)  

2018年07月18日(水)

7月21日から「関西考古学の日」スタンプラリーが始まります。近畿の埋蔵文化財調査機関のイベントです。詳しくはこちら⇒  

2018年07月05日(木)

スタッフブログ更新しました。
台湾で十三行博物館と共同で開催している海洋文化に関する展覧会に関するもの。  

2018年06月27日(水)

松帆銅鐸の科学分析を実施した結果、新知見が得られました。
①ICP分析の結果、鐸と舌は古い銅鐸の成分比率でした。
②鉛同位体比分析の結果、鐸と舌は朝鮮半島産の鉛を使っていました。
③三次元計測と実見により検討した結果、舌4号と舌7号が同笵であることがわかりました。
詳細(記者発表資料)はこちら⇒  

2018年06月19日(火)

スタッフブログ更新しました。
前田遺跡(姫路市)出土の装飾付須恵器。
資料添付します⇒  

2018年04月15日(日)

兵庫県立考古博物館 研究紀要 第11号を当館ミュージアムショップで好評販売中。
詳しくは詳細をご覧ください。  

2017年06月05日(月)

南あわじ市で2015年に発見された松帆銅鐸について、新しい知見が得られました。
4号銅鐸に付着していた植物遺体を放射性炭素(C14)年代測定法で分析した結果、これまで考えられていた時期より早い段階に埋納された可能性が高くなりました。
詳細はリンク先の記者発表資料を参照ください。  

スタッフブログ メールマガジン 考古学であそぼう 博物館活動に参加しよう!
ひょうご考古学情報 まるごとミュージアム 考古学情報バンク 兵庫県のおもな遺跡 館蔵品紹介