イベント・企画展

恒例の干支展、今年は丑です 

恒例の干支展、今年は丑です 
その他 開催中
開催日 2021年1月16日~2021年3月14日
時間 9時30分~17時(入場は16時30分まで)
会場 兵庫県立考古博物館(播磨町) 特別展示室
休館日 月曜日
観覧料金 大人 一般200円、大学生150円、高校生以下無料
障害者手帳による減免制度があります。

古代鏡展示館では、新年にその年の干支にちなんだ展示をするのが恒例となっておりますが、今年は新展示室増築の工事で休館中のため、県立考古博物館(播磨町)で開催することとなりました。

今年の干支丑(うし)を中心に、十二支の文字や動物が描かれた中国古代(1世紀~7世紀)の鏡3面を展示します。干支早見表「あなたの干支は?」で、本当の干支をご確認ください。

現在進行している増築工事のあゆみを映像で紹介するコーナーもあります。今春再開する古代鏡展示館にご注目ください。

TOP

Language