県指定重要有形文化財

多利・前田遺跡土壙墓出土品一括(20点)(平成14年度指定)

遺跡北端部の扇状地で発見された土壙墓(穴を掘って埋葬しただけの墓)からは、多くの副葬品が見つかりました。出土状況から見て和鏡は箱に入れられ、他の副葬品のうち和鋏(はさみ)以外は、漆の箱に納められていたようです。
出土品から13世紀前半と推定されますが、これほどの副葬品をもつ例は珍しく、また、毛抜きと和鋏という組み合わせは江戸時代に見られる風習であることから、副葬品の変遷を考える上でも貴重な資料です。
名称 多利・前田遺跡土壙墓出土品一括(20点)(平成14年度指定)
内容 和鏡(瑞花鴛鴦鏡)1・和鋏1・毛抜き1・刀子1・鉄製品2・青白磁3(壺身・壺蓋・合子)・白磁皿1・土師器8・漆箱1・木箱1
遺跡名 多利・前田遺跡
出土地 丹波市春日町多利字前田・奥ノ谷
備考 <参考文献>兵庫県文化財調査報告第46冊
カテゴリ 県指定重要有形文化財